So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

宇美八幡宮は巨樹の森 一木で森を成す福岡の巨樹たち(1) [巨樹・巨木]

第32回巨木を語ろう全国フォーラム(2019年10月19日、福岡県宇美町)(前回記事「巨木の下での全国フォーラム 今年は福岡・宇美大会2019」)の翌日は、恒例の巨樹探訪エクスカーション。

まずは、フォーラム開催地の宇美町にある宇美八幡宮の巨樹。
前回記事でも紹介したとおり、宇美町は神功皇后が朝鮮半島出兵(三韓征伐)の帰路、応神天皇を出産した地とされる。

s-DSC06937.jpg


町名もこの故事にちなんでいるが、神社も安産信仰「子安の杜」として知られている。
境内末社「湯方社」の周囲には、安産のお礼に子どもの名前などを記入した玉石が積み上げられている。

s-DSC06943.jpg


また、神功皇后が木の枝に取りすがって応神天皇を出産したと伝えられる社殿脇のエンジュの木は、「宇美宮の槐(えんじゅ)」として代々更新されてきた。

s-DSC06946.jpg


宇美八幡宮境内の二本の国指定天然記念物のクスノキの巨樹も、これらの出産にまつわる伝承を受け継いでいる。

社殿右手の「湯葢(ゆぶた)の森」(幹周15.7m)は、この木の下で産湯を使った際に、枝葉が覆いかぶさって蓋の役割をしたと伝えられる巨樹だ。

s-DSC06926.jpg

s-DSC06953.jpg

根元に6畳ほどの空洞があるというその太さには、圧倒される。

s-DSC06927.jpg


社殿の左手奥にある「衣掛(きぬかけ)の森」(幹周20.0m)は、出産の際に産衣を掛けたとされ、樹齢は千年とも二千年ともいわれている。

s-DSC06939.jpg


さすがに寄る年波には勝てずに弱ってきたが、2002年には大治療がなされ、樹勢は回復してきている。

s-DSC06951.jpg

s-DSC06940.jpg

この二本のほかにも、境内には多くのクスノキの巨樹が生育し、「蚊田(かだ)の森」として県天然記念物に指定されている。

s-DSC06931.jpg

s-DSC06900.jpg

クスノキは、日本一の「蒲生の大クス」(幹周24.2m)をはじめ、トップ10の半数以上を占める巨樹になる樹種だ。
衣掛の森も、全国トップ10に名を連ねる。


衣掛の森も、湯葢の森も、全国巨樹・巨木林の会初代会長の里見信生・元金沢大学教授が作成した「巨樹見立番付」の樟(クスノキ)の部では、それぞれ東西の張出横綱となっている。

宇美八幡宮の湯葢の森や衣掛の森は、まさにその名のとおり「一木で森を成す」巨樹だ。
古くから信仰を集め、国の天然記念物に指定され、クスノキの中でも巨樹中の巨樹たちだ。



【本ブログ内関連記事】

巨木の下での全国フォーラム 今年は福岡・宇美大会2019

博多の社寺と巨樹 ミニ探訪

日本一の巨樹の町で全国巨樹・巨木林の会会長に就任

巨樹の番付 -本多静六と里見信生





nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

巨木の下での全国フォーラム 今年は福岡・宇美大会2019 [巨樹・巨木]

全国持ち回りで毎年開催されている「巨木を語ろう 全国フォーラム」。
今年(2019年)の第32回フォーラムが、福岡県宇美町で10月19日午後に開催された。

宇美町は、神功皇后が朝鮮半島出兵(三韓征伐)の帰路、応神天皇を出産した地とされている。町名は、その故事の「産み」にちなみ、2020年には町制施行百周年を迎える。

出産の地とされる宇美八幡宮境内には、出産の際に産衣を掛けたとされる「衣掛(きぬかけ)の森」(幹周20.0m)と、産湯の蓋の役割をしたと伝えられる「湯葢(ゆぶた)の森」(幹周15.7m)という二本のクスノキの巨樹がそびえ立っており、共に国指定天然記念物となっている。

s-DSC06955.jpg

s-DSC06936.jpg

s-DSC06879_2.jpg
境内の湯葢の森

会場の「宇美町立中央公民館」や周辺道路には、フォーラムの立て看板や幟旗も。

s-DSC06901.jpg

s-DSC06907.jpg

会場入り口では、地元小学生が描いた衣掛の森などの巨木の絵と、地元会員などの巨樹写真が展示され、参加者は熱心に見ていた。

s-DSC06902.jpg

s-DSC06906.jpg

フォーラムの開会に先立ち、宇美八幡宮の伝統神楽が披露された。

s-DSC06903.jpg


フォーラム開始には、例年どおりの主催者挨拶などがあり、私も共催者の「全国巨樹・巨木林の会」会長として挨拶した。

その後は、基調講演、シンポジウムと続き、宇美町緑の少年団による大会宣言の朗読と採択があった。

s-DSC06909.jpg

s-DSC06911.jpg

最後は、第1回から引き継がれてきた大会旗が、木原宇美町長から来年度開催の東京都三宅村の櫻田村長に引き継がれて、フォーラムは幕を閉じた。

s-DSC06916.jpg


夕刻からは、場所を移しての交流会。
勇壮な宇美太鼓は、腹の底にまで響く。

s-DSC06923.jpg


年1回の全国の仲間たちとの再会を会員たちは何よりも楽しみにしている。
そして、フォーラムを作り上げた地元の人々との交流も。

昆布漬明太子や本物の力士が作ったちゃんこ鍋など、地元の味自慢の料理と酒もまた交流会の楽しみのひとつだ。

翌日は、3コースに分かれてのエクスカーション。
どんな巨樹のドラマを見聞きすることができるか、楽しみだ。


【本ブログ内関連記事】

北海道で初 巨木フォーラムin釧路・阿寒2018

今年は金沢 巨木フォーラム2017

博多の社寺と巨樹 ミニ探訪



nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

復興への「道」の起点 八戸 [ちょっとこだわる:民俗・文化・紀行・時事など]

台風19号の犠牲者の皆様のご冥福をお祈りするとともに、被災者の皆様の一刻も早い復興をお祈りします。

このところ、台風や地震などによる激甚災害が頻発しているようにも思える。
激甚災害といえば、何といっても「東日本大震災」を思い起こす。

その復興支援、地域活性化のために環境省が整備したのが「みちのく潮風トレイル」。
青森県八戸市を起点に、福島県相馬市までの約1000kmにおよぶ長距離歩道だ。

今年(2019年)6月に全線開通し、震災被災地でもある太平洋岸の4県28市町村を結んでいる。

起点となる種差海岸と蕪島は、前回ブログ記事の階上町にある階上岳とともに、2013年に震災復興の「三陸復興国立公園」に指定された。

蕪島は、ウミネコの産卵地として有名だ。
島の蕪島神社社殿は、火災のために再建中で、来年3月頃まで島内への立ち入りは禁止されている。

蕪島手前の右手に続く道が、みちのく潮風トレイルだ。
写真では見難いが、右端の歩道沿いにトレイルの起点案内板が設置されている。

s-DSC06860.jpg


蕪島を含めて、八戸市一帯の海岸を「種差海岸」と呼んでいる。
その中心地「種差天然芝生地」は、JR種差海岸駅からも近く、多くの観光客が訪れる。

s-DSC06833.jpg


民家風の「種差海岸インフォメーションセンター」は、海岸散策や地場産業の情報提供、休憩場所として賑わっている。

s-DSC06835.jpg


蕪島から種差天然芝生地までの間には、いくつかの見どころも点在している。
そのひとつ、「鮫角灯台」は、1938年に建造され、日本の灯台50選にも選定されている白亜の美しい灯台だ。

s-DSC06847.jpg


また、岬に突き出た「葦毛崎展望台」は、石積みの独特の形をしている。
太平洋を一望できる砦のような展望台は、第二次世界大戦中には軍の監視所として使われていたものだという。

s-DSC06844.jpg


その足元には、ハマナスの花が満開だった。

s-DSC06855.jpg


本日(10月22日)は、新天皇の即位を内外に宣明する即位礼正殿の儀が行われた。
皇后となった雅子さまのお印も、ハマナスだ。

ハマナスの花は、通常はピンクないし紅紫色だが、ここには白花もあった。

s-DSC06857.jpg


みちのく潮風トレイルと並行して走る県道1号線の途上には、画家・東山魁夷の代表作「道」のスケッチの場がある。
道路脇には、道標のような形状のその案内板が建っている。


s-DSC06841.jpg


魁夷自身の画家としての決意と将来への希望を表す、まさに彼の心象風景だ。
遠くへと続く1本の道はまた、敗戦復興に向かう人々の共感をも生んだという。

現在では、道路も拡張・改良され、樹々の様子なども変わってしまったが、やはりこの地に立つと、震災復興などに向かう希望が行く末に感じられる。

令和の新時代、この先の日本、そして世界の歩む先は、どのような道だろうか。


【本ブログ内関連記事】

巨木の郷 青森県階上町の巨樹

縄文の巨樹に思いを馳せて -第25回巨木フォーラムと三内丸山遺跡


三陸復興国立公園の中核として -国立公園 人と自然(14)陸中海岸国立公園

震災被災跡地の風化 -被災地訪問記1

奇跡の一本松と川を遡った津波 -被災地訪問記2

 




nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:学問
前の3件 | -