SSブログ
前の3件 | -

ブログの閉鎖 [日記・雑感]

新型コロナウイルスにより大きな影響が出ていますが、皆様の生活はいかがでしょうか。


本ブログは、2月・3月と更新をしていません。

別に新型コロナの影響とは無関係ですが・・・


今月末で大学を退職するのを機に、本ブログを閉鎖させていただきます。

閉鎖というよりは、更新せずにこのまま放置?
ということは、今までと変わりない?


もともと、大学教員として、生物多様性、さらにもっと広く自然と人間の関係などに関心を向けていただき、理解を深めていただくために始めたブログでした。


実際に訪問した世界各地の自然、地域の人々の生活の様子や個人的な展覧会観覧などを通じて、生物多様性、国立公園・世界遺産、巨樹巨木、自然の中での余暇と癒し、文化多様性など、自然と人間、現代生活や価値観などについて考えてきました。

解説記事には、現在でも用語検索などでご訪問いただく方も多いため、ブログを残置することにしました。


これまでの約12年間、不定期のブログにもかかわらずご訪問いただき、niceを寄せていただいた皆様に感謝申し上げます。


私自身も、皆様のブログに大変感化されました。

これからも皆様のブログを訪問するのを楽しみにしています。

またいつか、気が向いたら新たなブログを開始するかもしれません。


皆様のご健勝をお祈り申し上げます。


2020年3月


nice!(20)  コメント(10) 
共通テーマ:学問

心に余裕を! 江戸遊び絵の世界 [日記・雑感]

昨年10月に鑑賞したのでだいぶ日にちが経ってしまったが、「江戸の遊び絵づくし みかけはこわいが遊びつくした楽しい浮世絵だ」展(2019年9月~10月 神奈川県茅ヶ崎市美術館)。

正月気分が残っているうちに、写真撮影OKのいくつかの作品を紹介。

まずは有名な歌川国芳の「みかけハこハゐがとんだいゝ人だ」(見かけは怖いがとんだ良い人だ)。
たくさんの人でできた顔は、一度見たら忘れられない国芳の寄せ絵の傑作だ。

s-IMG_6911.jpg


同じく寄せ絵で、今度は大迫力の猫。
こちらは歌川芳藤の「五拾三次之内猫之怪」だ。
鶴屋南北の「独道中五十三駅」に登場する「岡崎の怪猫」だそうだ。

s-IMG_6904.jpg


お次は同じく歌川芳藤の「ふ尽くしの福助」。
これも、よく見ると、眉は筆、鼻はふの字、目はフグ、耳は袋、といった具合に、「ふ」の付くもので構成されている。

頭、手、着物の柄は、「ふ」の付く何かお判りでしょうか?

s-IMG_6914.jpg


答えは、頭は風呂敷、手は文(ふみ)、着物の柄は富士山と袋、といった具合。
ちなみに、着物のしわは、「か・の・を・ふ・く・す・け」の文字。

歌川貞景の「五子十童図」は、その題のとおり、頭は5人の子どもだけれども、10人いる、という不思議な絵だ。

よ~くご覧ください。

s-IMG_6907.jpg


趣向が少し違うが、やはりクイズ。
二代歌川広重(歌川重宣)の「しょく類はんじ物 上戸」と題された絵。
酒の肴になる料理の判じ絵だ。お判りだろうか。

s-IMG_6915.jpg


答えは、以下のとおり。

s1-IMG_6917.jpg
                      クリック拡大

最後は、懐かしい影絵。

s-IMG_6918.jpg


江戸の人々は、粋で遊び心たっぷり。
一般町人の生活は食べるのも厳しかったかもしれないが、心には余裕があったのではないだろうか。

さて現代の私たちは・・・?

2020年、少なくとも心には余裕のある生活を心がけたいものだ。
皆さんにも、良いお年でありますように!!




nice!(23)  コメント(1) 
共通テーマ:学問

子年につき鼠の姿をお年賀代わりに [日記・雑感]

新年あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いします


相変わらず更新の少ないブログにご訪問いただき、ありがとうございました。

自分のブログ更新は間が空きますが、niceをいただいた皆様のブログを(まとめてとなることも多いのですが)訪れるのを楽しみにしています。

今年は子年

昨年も、一昨年も・・・干支の動物写真をアップしているので、今年も止められな~い。
といっても、この日のために写真を撮っているわけでもないので、探すのが大変だ。

ネズミは、小さな身体ですばしっこく、ドブネズミなどは見かけるけれど写真を撮る気にもなれず・・・

ということで、ネズミの写真を探してみたけれど、野生の写真は無い!

そこで、類縁のネズミ目(げっ歯類)に含まれる動物たちにも登場してもらおう。

まずは、アグーチ。
ラテンアメリカに生息する巨大なネズミの仲間で、体長は40cmくらいある。
見かけのとおり、モルモットやカピバラにも近い種類だ。

写真は、コスタリカのグアナカステ自然保護区で撮影。

s-P3070110 (1).jpg

s-P3070113 (1).jpg

次には、同じネズミ目のリスの仲間にご登場願おう。

札幌などでも町中でリスをよく見かけて写真を撮った記憶はあるが、見つからない。
かつて国立公園レンジャーとして阿寒湖に勤務していたころには、前田一歩園の林でエゾリスやエゾシマリスをよく見かけた。
冬でも冬眠しないエゾリスの写真を撮りたくて、わざわざ300mm望遠レンズを購入したほどだ。

今回のリスは、米国サンディエゴの公園で出会ったもの。

s-P6290090.jpg


次は、カナダのバンフ国立公園のプレーリードッグ。
地面に穴を掘って暮らす。
立ち上がってあたりを見回す仕草がかわいい。

s-CIMG0105.jpg

s-CIMG0107.jpg
そして、最後は日本。

命はなくなってしまったが、建て替え前の実家の押し入れで自然乾燥(ミイラ)状態で見つかったトガリネズミ。
子どもの頃から佃煮酒悦の空き瓶に保存してあったが、今回、撮影のために半世紀ぶりに、瓶から取り出した。

体長約4cm、尾まで入れても7cmほどの小さなネズミ。
名前のとおり、口先(鼻先)がとがって長い。

ネズミとはいっても、正式にはネズミの仲間ではなく、モグラに近いグループだ。

s-DSC07077.jpg


そして、ネズミの玩具。
金沢で購入したもので、竹を手で押すと、ネズミが餌を食べる動作をする優れものだ。

s-DSC07078.jpg

s-DSC07080.jpg


牛の頭上にちょっこりと乗って、いち早く日の出を拝んで(門に最初に飛び込んだなど、諸説あり)干支の一番目となった要領の良いネズミ。

今年は、どんな年となるでしょうか。

皆様のご多幸をお祈りします


【本ブログ内関連記事】

亥年につき猪の姿をお年賀代わりに

戌年につき犬の姿をお年賀代わりに

酉年につき鳥の姿をお年賀代わりに

申年につき猿の姿をお年賀代わりに

未年につき羊の姿をお年賀代わりに

午年につき馬の姿をお年賀代わりに



nice!(23)  コメント(4) 
共通テーマ:学問
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。